株式会社三ノ輪建設
三ノ輪一級建築士事務所

東京都町田市中町1-17-3
(TEL)042-722-5155
(FAX)042-728-8088

キャリア採用Carrier

社員の声

先輩がたが日々の業務や仕事の流れ、三ノ輪建設での経験や想いを語っています。

小崎 幸樹
氏名:小崎 幸樹大学卒(工学部建築学科) / (担当業務)施工管理
(現在の仕事内容等)
主に商業施設、福祉施設等の建物現場管理を現場代理人として行っております。設計図通りに工事を進める事が原則ですが、施行中お客様のご要望、意見または納まり多々あるの品質向上を目的とした設計変更等が生じてきます。
その場合は現場に何度も足を運び、変更案を検討して取りまとめたりする事が多々あるのが現場です。
また現場に関係するスタッフ全員の安全を守ることも大切な責務だと考えております。
このような事を乗り越えながらスタッフ一同で無事故、無災害で現場が竣工できた時、ホッとするのと同時に一つの達成感が生まれています。

(入社動機)
地域密着型の会社で、長年の経験と実績がございます。
社風においても明るく、社会貢献に積極性を感じられた為です。

(今後やってみたい事)
建設業を通じて、地域の人に喜ばれ又必要とされる建物を建設し、様々な人たちを笑顔にできたらいいなと思います。
牧野原 崇裕
氏名:牧野原 崇裕工学部建築学科 / (担当業務)現場監督(建築施工管理)
(現在の仕事内容およびやりがい)
現在は駐車場ビル改修工事、車路塗床工事を担当しています。
仕上げ工事は施工の良し悪しが即結果として現われるため、どうすればお客様に満足いただける品質に届くのか常に考え、日々緊張感を持ち業務に取り組んでいます。
また既存箇所の保護養生、騒音・振動・粉塵等の近隣様へのご迷惑を最小限に抑えるための対策も行っています。

改修工事は建物が使用されている中での作業となるため、利用者様の安全確保最優先に施工計画を立てます。
現場の作業範囲は日々変化しますので、作業開始前には当日の施工範囲、施工内容を再度確認し、作業を安全かつ円滑に進められるか、危険箇所の見落としはないか考えながら、必ず現場巡視します。

現場監督は施工時、最終判断をする立場にいますが、自分ひとりの考えで推し進めるわけではないことを先輩、上司と一緒に仕事をするなかで学びました。
お客様の理想に近づけるために様々な要望を正しく理解し、工事監理者との打合せ内容を的確に現場に反映させ、全員が同じ認識を持ち協力し、様々な問題を1つ1つ解決しながら現場を完成させていく過程の中に仕事のやりがいがあります。

(入社動機)
今年で60周年を迎える地元の建設会社として非常に遣り甲斐がある事、そしてこれまでに難度の高い建物を数多く施工した実績があり、少数精鋭のなかで自分自身がどこまで成長できるか挑戦するため志望しました。

(今後やってみたい事)
将来自分の現場を持つときに必要不可欠となる、1級建築施工管理技師の取得を目指しています。そして技術者として知識を深め成長するためにも、積極的に施工図作成に取り組みたいと考えています。